3Dスキャナ活用 検査・測定編

3Dスキャンデータを測定・検査に活用

3Dスキャンデータを測定・検査に活用

3Dスキャンは、現物を3次元デジタルデータとして取り込む技術全般を指します。スキャンされたデータは、一般的には「点群データ」となります。点群データは座標の値(x,y,z)を持つ点の集合で、ポイントクラウドと呼ばれることもあります。3Dスキャナの分解能が高まるにつれて、点群データと設計CADデータを利用した検査・測定への活用が、実際の製品が規定値以内に収まっているかどうか検査したり、ノギスなどでは測定の難しい部分を計測したりといった、検査・測定工程においても活用されるようになってきました。本ページでは、3Dスキャンデータを活用した測定・検査メリットについてご紹介致します。

3Dスキャン検査だから、できること

反りやうねりといった、「面」の把握が必要な場合、広範囲の測定が必要なので、三次元測定機や輪郭形状測定機、その他ダイヤルゲージなど、「点」や「線」情報の取得では膨大な量の測定と時間・工数がかかります。
3Dスキャナを使用すれば、ワークの形状を多くの点群で「面」として素早く捉えることができるので、下記のような、ワーク全体の把握や曲面の評価に有効です。

3Dスキャンデータを活用した検査・評価の一例

成型品のヒケ・反り検査に

成型品のヒケ・反り検査に

3Dスキャンデータと、3DCADデータを重ねて、CAD上の各要素(平面やフィレット)の法線方向上の点と比較し、その距離ごとに色を付けたカラーマップ表示が可能です。目視ではわからなかったヒケやそり、うねりの発生を可視化することができます。

曲げ加工やプレス品の寸法・形状測定に

曲げ加工やプレス品の寸法・形状測定に

確認したい任意の箇所の断面情報を取得し、カラーマップとベクトル表示により偏差傾向を確認できます。3Dのカラーマップだけでは判断しづらい部分も、2D断面で確認することで、形状の傾向なども把握することが可能になります。

装置とソフトの組み合わせ次第で、検査・測定の自動化など、効果的に工数が削減できます

幾何公差の測定

幾何公差の測定

3DデータのGD&T情報を含むネイティブファイルを読み込み可能な検査ソフトを使用すれば、各要素に対する幾何公差が素早く測定できます。これまで多くの手間や時間をかけていた形状、姿勢、位置に対する公差すべてが簡単に測定できます。
※GD&Tとは(Geometric Dimensional & Tolerancing:幾何公差) 図面やモデル上で許容偏差を定義するときに使用するデータ。寸法公差のみの指示で起こる、累積公差によるバラつきを防ぎ、設計者の意図を的確に反映できます。

測定の自動化

測定の自動化

3Dスキャナ制御ソフトと検査ソフトのマクロ機能を活用し、測定項目をテンプレート化することで、2回目以降の検査を自動化できます。複雑で専門的なプログラムの知識がなくても、毎回決まった座標の測定が可能なので、作業者によるバラつきを防ぎます。また、製品の合否判定や検査結果のレポート出力も可能で、工数削減だけでなく工程間の省人化にも繋がります。

検査ソフトウェアのご案内

PointShapeInspector
Geomagic Control X