HOME > ソフトウェア > 検査・解析> GEO-DESIGNER(ジオデザイナー)
Inventor

簡単・スピーディ評価で設計・加工リードタイムを事前に大幅削減

DFM(製造性考慮設計)解析はパーツ加工において、設計者と加工サプライヤをつなぐ重要な架け橋です。 Geo-Designerは強力なDesign for Manufacturing (DFM) のツールです。 設計工程の生産性を高め製造工程でのコストを節減する高い効果があります。
初期段階での解析をスピーディーに行うことで、製造工程時の設計変更や作り直しを大幅に削減するとともに、 それらのリスクを事前に把握して最適な提案と見積もりを迅速に可能にする営業ツールとしても活躍します。
活用例

モデルの厚みの解析結果に基づきライザとフィーダ、ゲートの配置場所を決定。鋳造時の熱分布を確認することができます。このような工程をGeo-Designerなら素早く実行できるため、解析による問題点の洗い出しとその対策を短時間で検討することができます。

AutoCAD互換
ライザとフィーダの配置

Geo-Designerならライザやフィーダを、Geo-Designer内で作成し、モデルに配置することができます。 これにより、解析結果に基づいた配置変更なども素早く検証可能です。 もちろん、設計データを読み込んでの配置も可能です。

マルチビュー表示
AutoCAD互換

対象の現象には、普通多数の変数が絡んでいるものです。 Geo-Designerはマルチビュー表示により、複数の解析結果を同一画面で表示することができます。これにより各種解析結果の相互関連性を理解することができます。

解析・評価機能

MDI(質量分布指数)チェック
フリーフォームモデリング

MDIはキャスティング・パーツの質量分布チェックに用いられます。厚い箇所はホット・スポットと収縮ポロシティを起こす可能性があるため、製品設計エンジニアはパーツの大きなMDIを避ける必要があります。

HDI(熱分布指数)チェック
ダイレクト編集

重力キャスティングに特有のライザ、フィーダ、インシュレータ・スリーブとチル設計を支援します。HDI結果にもとづいて、ライザとフィーダを厚いゾーンに設計してメタル収縮を補償することができます。

スライダチェック
図面作成

Geo-Designerはキャスティング・パーツのスライダのチェックができます。プラグ方向または開き方向とパーティション・プランを簡単に定義します。そのほかのことはシステムが計算します。さらに、スライダ・ゾーンのサーフェスをSTLフォーマットでCADシステムにエクスポートすることもできます。それによって、3DCADシステムのスライダ設計をガイドします。

排出力と分布予測
アセンブリ機能

排出力と分布はエジェクション・ピンの設計に便利です。 Geo-Designerは図形フィーチャ、ドラフト角度、 接触摩擦を考慮して計算します。ユーザー定義のセルのトータル 排出力と分布の両方が得られます。

排出力と分布予測
アセンブリ機能

ドラフト角度やフィレット半径の確認も可能です。

お問合せはこちら