HOME > ソフトウェア > CAD > SolidWorks(ソリッドワークス)
SolidWorksロゴ
SolidWorks

SolidWorks認定技術者によるサポートも行ないます。認定

すべての3次元CADユーザーに簡単操作で理想的な設計環境を提供していくのが、SolidWorksです。今まではハイエンドクラスのCADでしかできなかったことを「SolidWorks」は実現し、スピード、品質向上、 コスト削減といったテーマにも豊富な機能を備えることで可能にしています。

SolidWorks製品構成

製品構成
☆3次元CADソフトウェア機能☆
3次元CADソフトウェア機能

設計の中核となる基本機能はフィーチャーという履歴を元に設計していき、パーツの配置や変更などが容易にできます。 また一つの部品だけではなく複数のパーツを組み合わせたアセンブリの作成も、保存しているパーツを読み出して簡単に組み合わせることができ、直感的な設計を可能にします。 さらには、あとから設計変更が加わった場合なども、正確な情報を持ったフィーチャーを簡単に修正できるので、最適な設計で進めていくことができます。

SolidWorks 代表的な機能のご紹介
2次元図面作成
2次元図面作成

パーツ、アセンブリのモデルから簡単に図面を作成。 また、寸法値もモデルの情報から自動的に反映してくれるので、非常に効率よく図面化することができます。

2次元データから3次元データへ移行
データ移行

DXF/DWGといった2次元のデータから3次元形状に移行が可能。 3面図をそれぞれ、正面、平面、側面などを設定し必要な部分までの押し出しやカットを使用して3次元形状を作成していきます。

インポート診断機能
インポート診断機能

外部ファイルを読み込んだ際に、エラー部分がないかチェックしてくれます。 またエラーが見つかった場合は、インポート診断機能を利用して不正な部分を修正することもできます。

豊富なアセンブリ機能

作成したパーツや部品ファイルを呼び出して、組み合わせたいポイントにドラッグ&ドロップするだけで、SolidWorksが認識して、それぞれの設計をアシストして進めていくことができます。 またアセンブリの構築方法はトップダウン、ボトムアップと状況に応じての構築が可能なので、最適な設計を行っていくことが選べます。

アセンブリ機能
干渉認識
干渉認識

選択した構成部品を干渉認識の対象から除外して、スムーズに干渉チェックを実行できます。また仕様が一致しないねじ山、他のジオメトリと干渉するねじ山などを干渉チェックの結果でフィルタリングできます。

モールドツール
モールドツール

金型を作成するにあたり、不要なコーナーRを簡単に除去することが可能です。また、抜き勾配を分析して、設定値に基づいたアンダー、許容勾配部分などを色分けして表示することができます。

お問合せはこちら