HOME > ソフトウェア > CAD > SpaceClaim(スペースクレイム)
SPACECLAIMロゴ
SpaceClaim
『SpaceClaim』は、フィーチャーや履歴という概念を持たず、モデルと対話するような感覚でモデリングやデータ修正が可能な3Dダイレクトモデラーです。
導入事例ダウンロード

SpaceClaim機能紹介

4つの基本コマンドでモデリング
プル・移動・フィル・組合せ

「プル・移動・フィル・組合せ」これだけのツールで、設計に関するあらゆる作業はもちろん、インポートしたデータに対しての形状作成や編集作業が可能です!

プル
プル

面のオフセット、押出し、面取り、ブレンド、エッジの延長など、ほとんどの形状作成、変更をこのプルですることができます。 作業に使用する面やエッジを選択し方向を決定することであらかじめ予測した編集方法がハイライトされるので、適した変更が可能です。

移動
移動

移動ツールは、オブジェクトの選択方法によって、様々な編集ができます。 ソリッドなどのオブジェクト全体を選択すると、
ハンドルを動かすことで幾何形状の移動やコピーが簡単にできるので、モデル面の位置や向きの検討をすることができます。

フィル
フィル

形状の穴埋め、簡略化、フィレット・C面の削除などあらゆる形状の修復が可能なツールがフィルツールになります。
他のCADで作成したデータの不要なエッジや面なども、このフィルで簡単に修正することができます。

組合せ
組合せ

組合せ機能は、幾何形状の結合(マージ)や分割をひとつのコマンドだけで行えるようにしたものです。 予測される結合や分割状態がカーソル位置に応じてプリハイライトされるため、確実な操作が可能です。

図面・3D完全連携
図面・3D完全連携

図面上で、3D形状の確認ならびにモデリング可能! 複数の視点での表示であらゆる角度から形状を確認し、
そのまま形状を変更することができます。

STLからの自由曲面の生成
自由曲面生成

STLデータから簡単な操作で高品質な自由曲面を素早く生成することが可能です。ポイントをクリックして範囲を定義するだけでその範囲の自由曲面を生成できます。

STL修正やリバースエンジニアリングも可能(オプション)

モデルの問題箇所の修復のみならず、STLデータの形状変更等も可能

STL修正オプション詳細

その他、STL のダイレクト編集による形状変更や自己交差の修正など様々な機能でSTLデータの編集が可能です。

対応ファイルフォーマット形式

データ入出力

Rhino(3dm),ACIS(sat,sab),STEP(stp,step) IGES(igs,iges), Acrobat(pdf),AutoCAD(dwg,dxf) STL(stl),SketchUp(skp), 画像(bmp,jpg,png,tif,gif)

出力のみ(エクスポート)

Wavefront(obj),KeyShot(bip),VRML(wrl) XAML(xaml),PowerPoint(ppt),XPS(xps)

入力のみ(インポート)

Wavefront(obj),KeyShot(bip),VRML(wrl) XAML(xaml),PowerPoint(ppt),XPS(xps)

※ SpaceClaim のファイルフォーマット形式は、scdoc になります。 

オプション

標準の対応ファイル形式以外での入出力をご希望される方は、下記オプションでの対応が可能です。

データ交換パッケージⅠ
VDA ファイルの入出力
CATIA V4,Pro/ENGINEER,AutodeskInventorの入力が可能です。
データ交換パッケージⅡ
Parasolid (x_t,x_b, xmt_txt, xmt_bin) ファイルの入出力
NX, SolidWorks の入力が可能です。
CATIA V5  
データ交換パッケージ
CATIA V5 ファイルの入出力が可能です。  
なお出力されるデータファイルは、1つのボディになります。
JT Open  
データ交換パッケージ
JT Open ファイルの入出力が可能です。  
こちらは、B-rep形式のファイルのみが対象なります。

SpaceClaim(スペースクレイム)について、ご不明な点がございましたら弊社までお問合せ下さい。

お問合せはこちら