HOME > ソフトウェア > CAD/CAM > BobCAD-CAM WIRE EDM(ボブCAD/CAM ワイヤー イーディーエム)
BobCAD-CAM LATHE

3DCAD・3Dシミュレーションを搭載したワイヤー放電加工用モジュールです。
2軸・4軸の各種加工プログラムの効率的な作成と3Dシミュレーションによる安全なプログラムを提供します。

2軸・4軸のワイヤー加工パターンを搭載

多彩な加工パターン

3Dデータに対応する豊富な入力フォーマット

対話形式で旋削加工用作図を作成

3DCAD機能を搭載しているため、図面からのモデリング、各種2Dデータ、
3Dデータの読み込みが可能です。3D データを他のCAD ソフトで2Dデータに変換することなく、すぐにプログラム作成へ移行できます。データの受け入れからプログラム作成までを本ソフトで完結できます。

手間のかかる形状も簡単に作成

上下面の要素数が異なる上下異形状も短時間で作成
3Dデータから旋削加工用作図を作成

上下面の図形を選択して3つのパターンから同期方法を指定するだけで簡単に作成できます。
同期方法は、上下の図形の要素同士を同期させる一般的な 方法に加えて、下図で紹介する2つが用意されています。
これらの設定を活用すれば、要素数が一致しない形状同士を 簡単に同期させられます。図形の要素を分割するためにCAD モデルを編集したり、側面毎に個別でプログラムを作成する 手間を削減できます。
3つの同期方法を使い分けることで、様々な上下異形を短時間でプログラム可能です。



要素を自動分割して同期

点を基準にした同期

上下の図形が同じ要素数になるように自動的に分割して同期します。片側が円弧の形状 などに有効です。(対応する要素同士の長さが同じ比率になるよう分割します)

上下の図形の最も近い点同士 を結んで同期します。片側にコーナーRがある形状や多角形同士を規則的に繋げたい場合に有効です。



1つの図形だけで部分テーパーを作成可能

マニュアルや従来の2DCAMでは時間のかかる部分テーパーのプログラムも簡単に作成可能です。基準となる図形1つを選 択して、島部分の高さ、テーパー角度を入力するだけで設定が完了します。輪郭を描き足して、島とテーパー部分のプログラムを個別で作成する手間を削減できます。

加工トラブルを未然に防止

3Dシミュレーションによる検証

3Dシミュレーションにより、加工順や加工方向、加工軌跡が 他の加工領域に干渉していないかを検証できます。
2Dデータから作成したプログラムであってもシミュレーションできます。

お問合せはこちら