HOME > ソフトウェア > CAD/CAM > BobCAD-CAM WIRE EDM(ボブCAD/CAM ワイヤー イーディーエム)
BobCAD-CAM LATHE

幅広いデータからプログラムを作成できるワイヤー放電加工用モジュールです。 部品加工をはじめワイヤー加工に必要とされる様々な機能を搭載。シンプルな操作で詳細な設定が可能なので、CAD/CAM初心者でも思い通りのプログラムを作成できます。各種2軸加工だけでなく上下異形状に対する加工も簡単に設定できます。

CAD/CAM初心者でも簡単

4ステップのプログラム作成

 

多彩な加工パターン
簡単操作で思い通りの加工設定

必要な設定項目が順に表示される対話式のインターフェイスなので、設定画面に従い選択・入力を繰り返すだけでプログラムが完成します。設定内容はアイコン表示されるため、文章だけではわかりづらい内容もすぐに理解できます。簡単操作で初心者でも細かな設定が可能です。

修正や変更もすぐに完了

設定履歴はツリー状に表示され各設定項目へ直接アクセスできます。修正したい項目にすぐに移れるために部分的な修正も短時間で完了します。また、ツリーの順番を編集すること工程順の変更なども可能です。

幅広い顧客の要望に応えるデータ受け入れ体制

対話形式で旋削加工用作図を作成
幅広いデータ入力フォーマット

主要2Dデータ(DXF,DWG)の読込みはもちろんのこと、3Dデータの読込みにも対応。また、CAD機能も搭載しているため図面からモデリングをすることも可能です。どのようなかたちで加工を依頼されてもすぐにプログラム作成へ移れます。

様々な加工ノウハウの搭載で誰でも高品質な加工

対話形式で旋削加工用作図を作成
メーカー加工条件の活用

面品位の向上には最適な加工条件が不可欠です。加工条件の登録・編集機能によりメーカーの加工条件を用いた加工が可能です。登録後は材質・厚みに応じて最適な加工条件を呼び出し適応できます。お使いの加工機が最大限に能力を発揮する加工条件で面品位を向上します。

対話形式で旋削加工用作図を作成
加工痕の防止

最適な進入退出動作により、加工開始/終了位置に発生する食い込みを防止できます。進入退出動作は形状に合わせて垂直、円形、平行など6種類から選択可能です。加工開始/終了位置は個別に設定することもできます。加工ワークに対して、さまざまなアプローチができるので加工痕が目立たない高品質な仕上がりを実現します。

対話形式で旋削加工用作図を作成
エッジだれの防止

コーナー部分に対してオフセットする軌跡はダレの発生原因になります。このようなエッジのだれを防ぐためのコーナー処理や、角Rを加工設定時に加えられます。コーナー処理のためにCADモデルを編集する必要はありません。用途に応じて5パターンの中から選択できます。

現場の状況に合わせた加工順で稼働率を向上

粗・仕上げ・切落しの順番をワーク毎や工程毎に柔軟に設定できます。加工時間の優先や無人運転に適した加工など現場の状況に合わせた出力が簡単に設定できるので、機械の稼働率向上に繋がります。加工設定の段階はもちろん、履歴のツリーや工程一覧画面から 加工順を自由に変更できるため、状況に合わせた修正もすぐに完了します。

対話形式で旋削加工用作図を作成
無人運転への対応

仕上げ加工の完了後は一時停止して、有人時に切り落としをまとめて実行するなど、有効的に無人運転を活用する出力が可能です。

プログラム時間の削減でリードタイム短縮

対話形式で旋削加工用作図を作成
切り落とし箇所の作図が不要

切り落とし箇所をCADで作図する必要はありません。
加工設定時に残し代、位置を設定すれば、軌跡に反映されます。

対話形式で旋削加工用作図を作成
単一プログラムから多数個取り

作成した1つのプログラムから簡単に多数個取りの設定が可能です。CADデータ上で図形の複製作業や個別にプログラムを作成する必要はありません。ワーク毎、工程毎など加工順も思い通りに変更できます。上下異形状にも対応しています。

数値入力だけで部分テーパを作成可能

基準面の選択と数値入力だけでテーパ設定が完了します。部分テーパの作成も角度と島部分の高さを入力するだけなので、輪郭を描き足して島とテーパ部分を個別に作成する必要はありません。

上下異形状を簡単作成
3Dデータから旋削加工用作図を作成

上下面の図形を選択して3つのパターンから同期方法を指定するだけで簡単に作成できます。
同期方法は、上下の図形の要素同士を同期させる一般的な 方法に加えて、下図で紹介する2つが用意されています。
これらの設定を活用すれば、要素数が一致しない形状同士を簡単に同期させられます。図形の要素を分割するためにCAD モデルを編集したり、側面毎に個別でプログラムを作成する 手間を削減できます。
3つの同期方法を使い分けることで、様々な上下異形を短時間でプログラム可能です。



要素を自動分割して同期

点を基準にした同期

上下の図形が同じ要素数になるように自動的に分割して同期します。片側が円弧の形状 などに有効です。(対応する要素同士の長さが同じ比率になるよう分割します)

上下の図形の最も近い点同士 を結んで同期します。片側にコーナーRがある形状や多角形同士を規則的に繋げたい場合に有効です。



わかりやすいシミュレーションでプログラムミスを防止

3Dシミュレーションによる検証

3Dシミュレーションで、加工順や加工方向、進入退出が 他の加工領域に干渉していないかを検証できます。2Dデータから作成したプログラムも3Dシミュレーションが可能です。

お問合せはこちら