お問い合わせ

PAGE TOP

HOME > ソフトウェア > CAD/CAM > FF/eye(エフエフ アイ)
FFeyeロゴ 投資促進税制対象製品
FFeye
牧野フライス製作所製の金型作成向きCAD/CAM
「FF/eye」は、高性能なモデリング機能を持つSiemens社の「Unigraphics NX」に、工作機器メーカーとして多くの実績を持つ牧野フライス製作所が開発したCAMソフト「FF/AUT」を組み込んだ金型作成向けCAD/CAMソフトです。

FF/eyeの特徴

荒加工
干渉チェック
干渉チェック

工具の加工出来る範囲を自動で認識。短い工具と長い工具、それぞれを切り分けて加工します。

ストック加工
ストック加工

前工程の削り残し部分を認識し、無駄なエアカットやアプローチ動作を最小限に抑えます。

中仕上げ加工
最適な加工方法を選択
選択

垂直面には等高線加工、平坦部はスキャン加工等、形に合わせて最適な加工を自動で選択します。

コーナー追い込み加工
コーナー

荒加工で削り残した部分を常に認識しており、最適な追い込み加工を行います。

仕上げ加工
高品位な仕上げ面
仕上げ面

形状に沿った最適な加工パスを作成。曲面・平坦部・壁部分を高精度に仕上げます。

パーティング面の合わせ
パーティング面

モデルに忠実な加工パスを作成するので、パーティング面も正確に加工。
調整の手間を省きます。

CAD機能
ソリッドモデルの切り取り
ソリッドモデル

ソリッドモデルをサーフェスの形状に合わせて切り取ることが出来ます。

カーブ面の角度編集
角度編集

カーブ部分に角度を記憶・保存させておくことができるので、編集なども容易に行えます。

パッケージ内容

FF/eyeには、使用目的にあわせて4つのパッケージをお選び頂けます。

 FF/eye Entry

 導入しやすい入門機種。ソリッドモデルの作成・編集が行えます。

 FF/eye Entry +

 金型作成に必要な機能を搭載。ソリッドモデルに加えサーフェスモデルが扱えます。

 FF/eye Basic

 製品モデルを金型にするためのチェック機能や、レンダリング機能などを搭載。

 FF/eye Total

 同時5軸加工プログラムに対応している他、工具との干渉チェックも可能。

オプションソフト

CAD Bridge
CADBridge

「CATIA V5」「CATIA V4」「Pro/ENGINEER」のデータをそのまま「FF/eye」で読み込むことができるので、別のフォーマットに保存し直す手間が省けます。

EZ電極モデリング
EZ電極モデリング

金型モデルから放電部分を選択するだけで、自動的に電極モデルを作成します。

TiltMill
TiltMill

「TiltMill」があれば4軸・5軸加工等の傾斜加工が行えます。金型を加工しやすい状態に傾けれるので、より短い工具を使用し、高精度な加工が行えます。

FF/SIM
FFSIM

加工シミュレーションフト。加工時の干渉チェックが行える他、削り残しの表示や加工時間を検証可能。加工の効率アップに貢献します。

お問合せはこちら