HOME > ソフトウェア > モデリング > Geomagic Control X
Geomagic Control Verify

Geomagic Control Xは、簡単な操作で最高水準の機能を提供する計測ソフトウェアプラットフォームです。
品質管理の担当者がGeomagic Control Xを使用して直感的に検査フローの設定を行えば、誰でも簡単に繰り返し使用できる検査ワークフローを構築できます。素早く正確に様々な情報を出力する検査レポートを分析することで、あらゆる製造現場で品質と生産性を向上します。
Geomagic Control X は、ソフトウェアをどう使いこなすかではなく、結果を分析することに少しでも多くの時間を費やすことを可能にします。

Geomagic Control Xの特徴

検査画面
手軽な検査から自動検査まで

その場で欲しい寸法を素早く計測する手軽な検査から、複数の検査項目を設定しての検査フローの自動化まで、様々な検査プロセスで活躍します。
Geomagic Control Xは、3Dスキャンデータの寸法や角度、径、2D/3Dの幾何交差、CADデータとの比較など様々な項目を検査できます。

インターフェイス
編集可能な履歴ベースの検査工程

Geomagic Control X では、柔軟かつ簡単に検査作業を進めることができます。作業は編集可能な履歴ベースの検査プロセスとして自動的に保持されます。どのような工程に基づいて導き出された検査結果なのかを誰でも確認できます。また、一度作成した検査項目を用いての繰り返し検査や、カスタマイズにも適用できます。

比較検査
複数検査結果の比較

複数の結果を同時に比較しながら、部品間、もしくは時系列で起こる品質問題を調査できます。 さまざまな座標基準であわせた結果を同時に見れば、溶接やアセンブリで起こりうる積み上げエラーの原因を特定し、的確な対策をとるための情報を効果的に導き出します。
関連する部品群またはアセンブリを 1 つの検査プ ロジェクトとして管理することで、簡単な部品間の状態も分析でき、アセンブリにおける潜在的な問題を把握できます。 ひとつの部品の測定結果を時系列にまとめたプロジェクトを作れば、サプライヤーの問題を視覚的に理解することができます。

レポート機能
柔軟なレポート機能

Geomagic Control X のレポート機能はグラフィカルで伝えやすいレポートを作成します。 好きな視点の画像を取り込んだり、デザインを確認しながらレポートを作成できます。また、 3D 寸法および注釈管理機能は、画面に表示する内容を細かく設定することができます。

検査例

自動検査イメージ

スキャンデータ読み込み後に、あらかじめ設定しておいた検査項目を自動で実行することができます。 全自動3Dスキャナ「RexcanCS2+」と組み合わせることで、3Dスキャン→データ読込み→検査→レポート出力までを 自動化した例です。

Geomagic Control X なら、その他、下記のようなスキャンデータの検査項目も、 検査→レポート出力まで自動化することができます。

3Dスキャンデータを用いた検査
3Dスキャンデータを用いた検査

その他の機能

  • CATIA®、NX®、Creo®、Pro/ENGINEER®、SOLIDWORKS®、Solid Edge®、Autodesk Inventor®、といった主要なCAD ファイルフォーマットの読み込みを標準でサポートしています。
    さらにそのいくつかはPMI および GD&T 情報も読み込むことができます。

  • 業界で使われている様々な非接触および光学式スキャナーや、ポータブルプローブのような接触式デバイスをサポートします。
  • 動作環境

    必要要件
    OS
    Windows7(64 bit)
    Windows8(64 bit)
    Windows10(64bit)
    ディスプレイ
    最少:1280×960
    推奨:1280×1024以上
    32bitカラー
    Open GL3.0以上
    CPU
    Intel | AMD 2GHz クロック以上
    推奨:マルチコアCPU 3GHz以上
    メモリ
    最少:8GB
    推奨:16GB以上
    空きディスク容量
    推奨:30GB以上

    お問合せはこちら