HOME > ソフトウェア > モデリング > Geomagic Freeform Plus(ジオマジック フリーフォーム プラス)
Geomagic FreeformPlus ロゴ
Geomagic FreeformPlus
画面上の3Dモデルに触れているかのようなモデリング
ペン型3D触感デバイスによるデジタルモデリングシステム『Geomagic Freeform Plus』
サーフェスやソリッドではなく、細かいボクセル(球の集合体)による表現技術により、
細部にわたる高度な表現が可能。
STLデータのダイレクト編集やソリッドとの統合も簡単に行えます。

Geomagic Freeform Plus (旧Freeform Modeling Plus)

3Dデジタル触感モデラー
ペン型3D触感デバイス

Geomagic Freeform Plusは、ペン型3D触感デバイスを用いて、まるで画面の3Dモデルに触れているかのようにモデリングをすることができます。
また、デジタルモデリングシステムでありながら、3DのCADシステムを搭載しており、モデリングからサーフェシング、シェイプ機能等を駆使して、3Dモデルを自由に編集することができます。
さらに、金型モデリング機能や、IGES,STEP,Parasolidといったエクスポート機能を有し、他の3DCADへの連携も可能です。


  • 画面内の『仮想粘土』を使用した自由な3Dモデリング
  • ナイフカッター、スクレーパー等を含む幅広いツール
  • ボクセル(球の集合体)の概念でモデルを構築しているため、形状の制限無し
  • あらゆるコマンドでの触感による支援
  • STLデータのダイレクト編集・ソリッドとの統合

活用例
製品設計
製品設計

Geomagic Freeform Plusは、有機的な曲線や曲面から、表面の質感まで表現することが可能です。また、モデル作成から金型作成までの工程を同一ソフトで行うことができるため、金型作成までの工程を短縮します。

玩具デザイン
玩具デザイン

Geomagic Freeform Plusは、世界中の玩具メーカーでも使用されています。フィギュアや幼児向け玩具デザインのシーンにおいて、より早く、より高品質なデザインの作成に活用されています。

医療
医療

Geomagic Freeform Plusは医療の最前線でも、ペースメーカーや人工歯根等のインプラント、術前モデルの作成等に活用されています。医療系データフォーマット(DICOMデータ)は、SLT形式で3Dデータ化しても、そのままでは完全な3D形状になりません。そこでGeomagic Freeform Plusを使用すれば、不完全な部分を忠実に再現することが可能です。

その他ラインアップ
Geomagic Sculpt(旧Geomagic Claytools)

スタンダード・ボクセルモデリング機能を搭載。
実際のモデルに触るような直感的操作により、自由形状をスムーズに作成することができます。
製品詳細はこちら

Geomagic Freeform

Geomagic Claytoolsのモデリング機能が拡張され、多様な表現が可能です。
自動車や家電メーカーのデザイン部門、また医療分野などに導入されています。

デモ動画(Geomagic Freeform)

仕様・動作環境

シリーズ
Freeform
(フリーフォーム)
Freeform Plus
(フリーフォームプラス)
ボクセルモデリング
サーフェス/
ソリッドモデリング
×
×
モールドモジュール
×
×
入出力可能な
ファイル形式
psd、ai、bmp、
jpeg、obj、STL
psd、ai、bmp、
jpeg、obj、STL
psd、ai、bmp、
jpeg、obj、STL
IGES、STEP
Parasolid
デバイス
Geomagic Touch
デバイス
インターフェイス
LANインターフェイス
旧Geomagic Claytools
※ IGES:カーブのみ入出力が可能
 
必要要件
OS
Windows7(64bit)/Windows8(64bit)/Windows10(64bit)
ディスプレイ
1920×1080以上
CPU
Intel Dual-Core Xeon
(Woodcrest)
5150/2.66 GHz, 4MB L2,
1333 MHz FSB以上
メモリ
8GB以上
空きディスク容量
8GB以上
グラフィックボード
Nvidia Quadroシリーズ(OpenGL 3.0以上)
 

お問合せはこちら