HOME > ソフトウェア > モデリング > VGStudio MAX
VGStudio MAX
産業用CTデータの解析/可視化

VGStudio MAXの特徴

VGStudio MAXは産業用CTデータを解析・可視化する世界で最も進んだシステムです。ボクセルデータを直接編集することが出来るので、点群やサーフェスメッシュなどへの変換は不要です。また、さまざまなオプションモジュールを組み合わせることにより、具体的なCTデータ解析システムを構築することができます。

CT再構成モジュール
CT再構成モジュール

CTスキャナとVGStudio MAX独自の解析・可視化機能がダイレクトに接続されます。実際のCTスキャンによるデータから直接補正することができるのでテストスキャンの必要はありません。これらの機能は特別なハードウェアを必要とせず、一般的なPCで処理することができます。

【機能】
・卓越した再構成画像品質
・CTユーザと製造者向けのGPUによる超高速CT再構成
・コーンビーム、ファンビーム、パラレルビーム、
 プラナーおよびヘリカルCT対応
・VGプロジェクト作成

座標計測モジュール
座標計測モジュール

この検査タスク用のオプション機能を使うことで、従来の破壊または非破壊の検査方法では行えなかった解析が実行できます。座標計測機能はCTデータのために開発されたもので、計測プランをCTスキャンに反映させる際、効率的かつ直観的なユーザーインターフェースで実行できます。

【機能】
・幾何寸法、幾何公差を含む豊富な計測機能
・CT/ボクセルデータセットで直接2Dおよび3Dの寸法計測
・多数の計測点を迅速にフィットし、計測の正確性を向上
・CTデータから点群やSTLデータへの変換することなく
 直接実行可能

設計値/測定値比較モジュール
設計値/測定値比較モジュール

コンポーネントサーフェースのズレが検出できます。CTデータとCADデータを直接比較ことで、すべてのサーフェスから交差差異を検出できます。データセットは区分ごとに色分けされ、統計データを含んだ二次元または三次元画像として結果表示されます。

【機能】
・解析結果を色分けして可視化
・オブジェクト全体またはユーザーが任意で指定した
 範囲(関心領域)の解析
・CAD データ(STEP、IGES)、メッシュデータ( STL)
 およびボクセルデータとの形状比較が可能
・テキスト、画像による様々な形式に出力(CSV、HTML、RTF、PDF等)

欠陥/介在物解析モジュール
欠陥/介在物解析モジュール

オブジェクト内部の欠陥や介在物を検出・解析する機能です。専用のパラメータをセットすることで高コントラスト(エアポケット)または比較的低コントラスト(緩やかな素材)での特定の気孔や欠陥を探すためのいくつかの異なるアルゴリズムとモードがあります。また、異なる領域を異なるパラメータで解析することもできます。

【機能】
・内部欠陥の自動高速検出、解析および可視化
・空隙と介在物の両方を検出可能
・検出した欠陥の体積に基づき色分けして可視化
・テキスト、画像による様々な形式に出力(CSV、HTML、
 RTF、PDF等)
・データインターフェースにより解析結果を出力
・表面における欠陥の検出の改善
・ノイズ軽減のための欠陥解析におけるデータフィルタリング
・豊富なパラメータでの欠陥解析結果の許容値判定

※欠陥/介在物解析モジュールには「P201解析」を行うための
 拡張機能(アドバンスド欠陥/介在物解析モジュール)がございます。

肉厚解析モジュール
肉厚解析モジュール

ユーザー定義で設定した値の範囲内で肉厚を計測することができます。指定した領域で位置・最小 / 最大の肉厚・体積の計測を行い、データセットの2Dおよび3Dビューでカラーリングされた解析結果が表示されます。特定の領域を解析することもできます。また、ギャップ解析の機能としてもお使い頂けます。

【機能】
・解析結果を色分けして可視化
・CT/ボクセルデータで直接処理
・CADモデル不要
・ボクセルデータはもちろん、CAD データ(STEP、IGES)
 およびメッシュデータ(STL)にも対応
・豊富なパラメータによる肉厚解析の判定機能

※正確に定義された座標系において肉厚解析を実施するには、
 座標計測モジュールオプションが必要です。

その他の機能

・可視化機能
・クリッピングとオブジェクトの位置決め
・非平面ビューモード
・スラブ厚機能
・セグメンテーション / クラシフィケーション機能
・関心領域 (ROI)
・データ読込 / 出力
・オブジェクトマネージメント
・データ解析 / 計測機能
・アニメーション機能
・フィルタリング機能
・サーフェス抽出機能
・解析結果のドキュメント化
・ブックマーク
・自動処理機能

対応インポート/エクスポート形式
ファイル形式 インポート エクスポート
画像スタック
Dicom image (.dcm)
Bitmap (.bit)
JPEG  (.jpg)
Jpeg2000 (.jp2)
Portable PixMaps (.ppm)  
Portable NetWork (.pnm)  
Raw Data (.raw)
Shimadzu images (.cb)  
TIFF (.tif)
Toshiba images (.inf)  
プロジェクトファイル
VGStudio/VGStudio MAX (.vgl .vgi)  
ボリュームファイル
Advantest volume (.atv)  
ANALYZE volume (.hdr)
REK volume (.rek)  
HDF volume (.hdf)  
Hitachi volume (.sbm)  
NSI Volume (.nsihdr .nsivol)  
Phoenix | X-ray volume (.vgi) ※vgiで指定されたボリューム  
Raw Data (.raw)
圧縮Raw Data (.gs)  
Shimadzu images (.cb)  
Toshiba images (.img及び関連する.inf)  
Yxlon volume (.flt)  
ボリュームファイル
STL (.stl)
Point Cloud ASCII (.txt)  
OOGL ASCII (.off アスキー&バイナリ)  
VRML ver1.0 , 2.0 (.wrl アスキー&バイナリ)  
PLY ASCII (.ply アスキー&バイナリ)  
CAD
STEP (.step)  
IGES (.iges)  

お問合せはこちら