HOME > ソフトウェア > シミュレーション > NCVIEW Neo(エヌシー ビュー ネオ)
NCVIEW Neo

NCデータの小さなミスが、機械加工中の衝突を起こし高価な工作機械が破損…
「NCVIEW Neo」はドライランをするようにコンピューター上でNCデータを正確/高速にシミュレーションしあらゆる
不具合を検出、 実機械に通す前にNCデータを改善できます。
NCデータ上のミスを排除し、機械加工時の障害を回避します。
ハイエンドシミュレーションソフトもよりも現場の方が使いやすくローコストな国産シミュレーションソフトです。

NCVIEW Neo特徴

シミュレーション

3軸加工・旋盤から同時5軸や複合加工に対応

3軸加工、旋盤、割出し5軸、同時5軸、複合加工まで様々な加工のシミュレーションが可能です。
FANUC、OSP、TOSNUC、MELDAS、HEIDENHAIN、SIEMENS、YASNAC、TOSNUC、NEDACのNC装置に適合しています。


干渉を未然に検出

工具交換時の干渉 / ワーク干渉 / 冶具干渉 / 構造物干渉 旋削内径切削干渉 / テーブル切削(干渉)

干渉を未然に検出

モデルの比較検査

NCVIEW Neoでは、切削後のワークと製品モデルを比較し削り残しや食い込みの評価を行えます。 範囲を指定しモデル比較も行えるので鋳物加工の際に加工した部分のみ比較することも可能です。 切削モデルを製品モデルと比較評価できます。 削り込みは赤色系で、削り残しは青色形で色分けされます

モデルの比較検査

思い通りの角度から視覚的に検証可能 

切削過程をソリッド画面で確認できます。いつでも実行を中断 / 再開 できます。 マウス操作で瞬時に思い通りの角度やサイズから検証できます。連続送り / ブロック送り / ブレークポイント もワンクリックです。 複数の画面表示が異状の検出を見つけやすくしてくれます。工具パス画面 / ソリッド画面、あるいはワークを上から / 横から工具ホルダとワークの隙間を確認したいときなど最大6画面のマルチビュー で確認可能です。

思い通りの角度から視覚的に検証可能

NCコードとの連携で問題箇所のデータ確認

シミュレーション画面とNCコードは連携しているので、問題のある箇所のNCデータの確認も、容易に行えます。

NCコードとの連携で問題箇所のデータ確認

マクロ動作・デバッグ機能
マクロ動作・デバッグ機能

NCマクロデータのシミュレーションだけでなく、デバッグもNCVIEW上で行えます。NC実機と同等のデバッグ環境を用意しているため、マクロプログラムの開発効率と開発品質そのものを向上させられます。インデックスヘッド機構に標準で対応しているので、大型機械のシミュレーションにも対応できます。


便利な検証機能

切削負荷も可視化可能
切削負荷も可視化可能

切削シミュレーション内の切削体積を計算し、結果をグラフ表示できます。結果はCSVでの出力が可能です。 NCデータ、ツールパス、切削ワークとリンクしているため、グラフをピックすれば異常個所を確認できます。

その他、図面と切削形状の重ね合わせての検証や、穴加工情報のレポートや検証など便利な機能を拡張することができます。

お問合せはこちら