HOME > ソフトウェア > トランスレータ > 3D Evolution(スリーディー エボリューション)
3D Evolution ロゴ
3D Evolution
様々なCADデータやフィーチャーの変換を可能に!
世界最先端にして世界標準のダイレクトトランスレータ

マルチCAD環境に対応!強力なCADデータ変換システム!

操作画面

「3D Evolution」は、CADデータの変換だけでなく、フィーチャー情報や図面データに至る変換を可能にしたトランスレータです。多数のオプションから必要な機能を組み合わせることが可能で、CATIA、NX、Pro/ENGINEER、Ideas、SolidWorks、Robcadなど、ネイティブデータを高速・高品質変換できます。
CAD環境への移行やマルチCAD環境の運用工数削減、データ品質の向上、データ伝達の加速、機密保護、3D図面の運用など、CADデータを最大限に有効活用することができます。

主な機能紹介

ダイレクトトランスレータ
ダイレクトトランスレータ機能

高度なバイナリー解析技術により、3DCAD環境に依存することなく、3Dデータをダイレクトに読取り、補正し、任意のフォーマットに変換することが可能です。
読込まれたデータは変換先CADシステムの位相トレランスに合わせて変換することで高い変換率を実現します。

CAE解析ツール

CATIAやNX、Inventor、SolidWorks等のネイティブデータをダイレクトに読み込み、CAE解析に向けたデータ処理・出力を行うことができます。形状簡略化や中立面作成、面数削減(メタフェイス作成)が可能。CAE解析の品質を向上させるための前処理をこなすことができます。

CAE解析の前処理イメージ
CAE解析ツール
形状単純化(機密保護化)

協力会社に必要なデータのみを共有する場合の、データの機密保護化や、ラピッドプロトタイピング等に向けた軽量化データ生成機能で、お手持ちの3Dデータを必要な状態に高速変換いたします。

形状単純化・軽量化の事例
形状単純化
フィーチャーベースのデータ変換

「3D Evolution」は3DCAD間で、フィーチャー情報を含むデータ変換を実現します。モデル履歴やスケッチの形状と拘束条件が変換できますので、そのまま設計変更を行えるデータに仕上がります。さらに、2D図面も変換可能です。

様々なCADデータに変換
CADデータ変換
データ変換表
フィーチャーベース対応CAD 読み込み 書き出し
CATIA V4
CATIA V5
NX
STEP
IGES
JT
SolidWorks
ProEngineer/Creo
Ideas
その他標準機能
  • エッジ接続機能
  • アセンブリ構成変更機能
  • ダイレクトモデリング機能
  • 陰面削除機能

様々なオプション機能

「3D Evolution」は、オプションと組み合わせることでより多彩な機能を発揮することができます。また、フィーチャー変換等、変換したいデータ形式やCADによってオプションを選択することが可能です。

オプション機能
  • PDQチェック・修正機能
  • フィーチャー変換・認識機能
  • 3Dデータ比較機能
  • 肉厚チェック機能
  • 干渉チェック機能
  • 形状単純化・簡略化機能
  • 曲面オフセット・合成機能
  • 中立面作成機能
  • バッチ変換処理機能

動作環境

動作環境
PC要件
必要スペック
推奨スペック
OS
WindowsXP、Vista、7、
Windows Server、Linux (32/64bit)
Windows 7 64bit
CPU
2.0GHz intel Core2
2.8GHz intel Core i5(Dual Core)
メモリ
2GB 以上
4GB以上
グラフィックスカード
専用メモリ256MB以上
専用メモリ512MB以上
ライセンスサーバー(CodeMeter)必要動作環境
サーバー要件
必要スペック
OS
Windows XP、Vista、7、Windows Server2003、Windows Server2008 R2、
Windows Server2012、Windows8
Linux(OpenSuSE 11.1、Fedore Core、Ubuntu 8.04/10.4/12.04など)
物理サーバー
必要(仮想サーバー利用不可)
ハードウェア
制限無し

お問合せはこちら