HOME > ソフトウェア > トランスレータ > TomoShop Viewer(トモショップビューワー)
TomoShopViewer ロゴ
TomoShopViewer
高画質・高速処理機能と多彩な分析機能が一つになった
低価格CTスキャンデータ変換 / 分析ソフト

TomoShop Viewerの主な特徴

医療CT、MRIのデータを3Dプリンタでモデル化するには、DICOM形式のデータをSTL形式に
変換しなければなりません。
TomoShop ViewerはCTスキャンデータをSTL形式に簡単に変換できます。
GPU(グラフィックボード)を使用した高速処理能力を持ち、様々な分析や計測機能を搭載。
多彩な機能と低価格を両立したCTスキャンデータ変換・分析ソフトです。

主な機能

CTスキャンデータ変換・出力機能

CTスキャンデータ(DICOMファイル)からSTL・IGES・VRML等の形式に変換・出力することができます。
変換後のデータは3DCADによる編集や切削加工、3Dプリンタによる造形に活用できます。

アーチファクト・ノイズ軽減機能

CTスキャンデータの再構成画像にはアーチファクト・ノイズが生じます。
TomoShop Viewerには、リングアーチファクトや縦アーチファクトといったアーチファクト・ノイズの
軽減機能を実装しています。

リングアーチファクト縦アーチファクト

上図 左:リングアーチファクト軽減 右:縦アーチファクト軽減

ボリュームレンダリング表示機能
レンダリング

ボリューム・レンダリングは、 精細な形状を忠実に
再現できる表示方法で、 特に生体・自然物を描画する場合
に適しています。
TomoShop Viewerはボリュームデータを高画質で
表示させることができます。
また、ボリュームレンダリング表示上でデータを着色し、
その色データを3Dモデルに反映させることも可能です。


ボリュームレンダリング表示画面(クリックで別タブ拡大表示)
セグメンテーション機能
レンダリング レンダリング

モデル化したい部位だけを抽出・表示することができます。

多種多様な計測・解析

2D画像の距離や角度、3D画像の内径寸法計測等の計測・分析が可能です。


計測・解析一例
  • 内径寸法計測
  • 球面フィッティング
  • 円柱面フィッティング
縦アーチファクト

動作環境・入出力データ形式

動作環境
OS
Windows7/8 (32bit もしくは 64bit)
CPU
Intel Core2 Duo 1.86GHz以降
メモリ
2GB RAM以上(データの容量による)
GPU
NVIDIA社製、CUDAサポート(Computer Capability(計算能力)2.0以上)
電源
650W以上(推奨)
入出力データ形式
入力
2Dスライス
DICOM(.dcm)、TIFF、PNG、BMP、JPEG
3Dデータ
VOL ※VOLはTomoShopViewerの3Dデータ形式
 
出力
3Dデータ
STL、DICOM(.dcm)、IGES、VOL
連番スライス画像
TIFF、PNG、BMP、JPEG
ビデオ
WMV、MP4 ※断層像を順番に連続モーションで観察可能
※本ページ画像提供:株式会社アイケダ様 株式会社緑野リサーチ様

お問合せはこちら