HOME > 工作機械・産業設備 > 卓上切削加工機 > monoFab SRM-20
monoFab SRM-20

製品開発サイクルが短縮され、基板設計においても試作によるトライ&エラーを素早く繰り返す必要が高まっています。切削加工なら、外注時の納期やコスト、エッチング時の腐食液の取扱いを気にせず、設計データから短時間で基板を作成できます。試作や少量の基板作成が何度も必要になる場合に多くのメリットを発揮します。SRM-20は基板作成用途で企業様や教育機関様に多く活用されているコンパクトな切削加工機です。

基板作成の課題

基板作成方法

試作や電子工作で基板を作成する手法は、大きく分けてエッチングと切削の二つに分かれます。

エッチング
エッチング

パターン部分以外にマスキングを施して、銅箔をエッチング液(塩化第二鉄水溶液)で溶かしパターンを作成するのがエッチングです。 市販の材料や設備を使ってエッチングによる基板作成が可能です。感光基板に対して印刷と紫外照射によりパターンをマスキングする方法と、転写シールを直接銅箔部分にアイロン転写してマスキングをする二つの手法があります。パターン以外の穴開けや外形カットなどは別途作業が必要です。 量産時もエッチングにより製造されますが、マスキング、エッチング、穴あけ等の各工程に大型の専用設備が用いられています。

エッチングの長所・短所
CNC切削加工
切削

刃物で銅箔を削り取りパターンを作成する方法です。 パターンを作成するための切削用データをガーバーデータを元に基板切削用CAMで作成。データ通りに加工機が基板を作成します。数値制御でパターン、外形、穴を精密に一括で自動加工できます。 切削用データを保存しておけば誰でも同じ品質のものを何度でも作成できます。

切削加工の長所・短所
SRM-20で簡単基板加工

切削による基板作成の流れ

ガーバーデータと切削用データについて

切削加工ではパターンの外周部の銅箔を加工(絶縁)する必要があります。 パターンを定義するガーバーデータをもとに切削加工機の制御に用いられるデータ(Gコード)に変換を行います。

ガーバーデータとGコード
ガーバーデータから簡単3ステップで加工設定
WINSTAR PCB

基板切削用CAMを使えばガーバーデータから機械加工のための切削用データを簡単に作成できます。基板切削用CAM「WINSTAR PCB」の手順に基づきご紹介します。

【STEP1】刃物径の設定
刃物径の設定

ガーバーデータ選択し、読込む際にパターン(パターン輪郭)、ドリル穴、カット線の加工で使う刃物の径を設定します。剥離部分の切削設定も可能です。設定した刃物径に基づき、絶縁部分の加工経路が自動で作成されます。

【STEP2】外形の設定   【STEP3】原点と刃物の動き方を設定
外形の設定・原点と刃物の動き方を設定

外形、必要に応じて取付け穴などの加工が必要な部分を追加で設定します。外形はゲートやミシン目を設定することができます。

 

加工の基準点となる原点の設定と各項目の切削時の刃物の深さ、パターンの外周、剥離部分、ドリル穴、外形カットの切削速度などを設定します。

安心して加工に移れる

切削されずに誤って繋がってしまっているパターンがないかを確認できる「ショート確認」や、ツールパスの動きを確認できる「パスビューワ」でトラブルを未然に防ぎ安心して加工工程に移れます。

  ショート確認・パスビューワ
加工も簡単
SRM-20

材料の設置など加工準備を行った後、基板切削用CAMで出力したデータをSRM-20に送信すれば加工を開始します。加工開始後は自動で基板切削が完了します。

基板を設置すれば自動で加工

SRM-20切削イメージ

基板を固定して加工の原点を設定すれば加工開始です。CAMの加工設定時に使用する刃物径を揃えることで、パターン・穴・外形を一括で自動で加工できます。また、加工時に基板を抑えつけるプレッシャーフットを使用すれば、基板の反りを抑えて加工することができます。

加工後は切粉を清掃するだけ

SRM-20ダストボックス

SRM-20はフルカバーなので加工中に切粉が機外に飛散することはありません。集塵トレイを装備しているため、機内の手入れも効率的です。

SRM-20仕様

加工可能材料
ケミカルウッド、モデリングワックスなどの樹脂(金属は対象外)、工作用基板
XYZストローク(mm)
203.2×152.4×60.5
コレット先端から
テーブルまでの距離
(mm)
最大 130.75mm
ワークテーブルXYサイズ(mm)
232.2×156.6
取り付け可能なワーク質量(kg)
2
XYZ駆動方式
ステッピングモーター
動作速度(mm/min)
6~1,800
ソフトウェア分解能
0.01mm/step(RML-1)、0.001mm/step(NCコード)
機械的分解能(mm/step)
0.000998594
スピンドルモーター/最高回転数
DCモーター 380タイプ/7,000rpm
切削ツールチャック
コレット方式
インターフェース
USB
制御コマンド
RML-1、NCコード
電源
本体:DC24V、2.5A 専用ACアダプター:AC 100V±10%、50/60Hz
消費電力
約55W
動作音
動作時(非切削時):65dB(A)以下、待機時:45dB(A)以下
本体サイズ(mm)
451.0×426.6×426.2
本体重量(kg)
19.6kg
環境
温度:5~40℃、湿度:35%~80%RH(ただし結露のないこと)

お問合せはこちら