HOME > 測定機器 > 二次元・三次元・3Dスキャナによる測定
二次元・三次元・3Dスキャナによる測定

各測定方法で有効な測定箇所

どのような箇所の測定が必要ですか?
下記は各測定方法別における有効な測定箇所の説明になります。三次元形状であっても、箇所によっては二次元測定の方が有効な場合もございますので、測定業務の内容と照らし合わせていただき、最適な測定方法をお選びください。

二次元・三次元・3Dスキャナによる測定

光学測定器

光学測定器

対物レンズで真上から見た縦 × 横の二次元の測定を行います。測定顕微鏡とも呼ばれます。
テーブルを動かしながら測定対象の座標を取り、線分を定義(エッジを取得)することで、寸法/円の直径/R/角度/二点間の距離などの測定が可能です。
また、実像での測定は材質や色によって「輪郭とそれ以外の箇所のコントラストの差がわかりにくくなる」ということがないので、様々な対象の測定に対応します。


光学測定器一覧はこちら

画像測定器

画像測定器

測定対象は画像処理されるので、座標取り/線分の定義は画像を見ながら行えます。
また、画像測定器にはCNC(コンピュータ数値制御)対応機種がございます。測定プログラムを作成することで自動での測定が可能となるので、同形状を複数個測定する場合などに効率的です。
二次元の測定は光学測定器と同様です。


画像測定器の活用事例

プラスチック・樹脂の切削加工
導入事例_二次元測定
画像測定器一覧はこちら

三次元測定機

三次元測定器

タッチプローブで測定対象に接触することで、縦 × 横 × 高さ方向の三次元座標を高精度に取得します。光学測定器や画像測定器では難しい、高さ/高さの違う二点間の距離/深さ/曲面などの測定が可能です。
また、接触により変形しないものであれば、様々な材質の測定に対応します。
取得した3DデータはCADデータとの比較で、対象がどれだけ正確に製造されたかの確認や、製品の使用過程における磨耗量の測定/ 検査解析などに活用できます。
従来三次元測定器は据置型が多く、設置場所や測定対象の大きさに制限がありましたが、近年は持ち運び可能なアーム式の三次元測定機もあり、測定対象の大きさに左右されない機種選定が可能です。


三次元測定器一覧はこちら

3Dスキャナ

3Dスキャナ

レーザー光線や、QRコードのようなパターン光を投影して形状を認識するため、自由曲面が連続する形状でも素早くスキャンデータを取得できます。取得したスキャンデータは座標情報の集まりとなるので、すぐに測定やCADデータとの比較に活用いただけます。
高い携帯性で現場などでのスキャンが可能なハンディ式、回転テーブルとの連動で自動でのスキャンが可能な機種のある据置型がございます。
3Dスキャナの詳細はこちら


3Dスキャナの活用事例

航空機エンジンの中核部品製造
導入事例_3Dスキャナによる測定
鋳造品の一貫生産
導入事例_3Dスキャナによる測定
自動車部品向けのプレス金型設計
導入事例_3Dスキャナによる測定
3Dスキャナ一覧はこちら