HOME > セミナー一覧 > 【大阪】定期開催セミナー
FARO共催 アーム式3Dスキャナ実演セミナー

アーム型3Dスキャナの実力とは

35年以上にわたり、多様な業界・業種でポータブル測定器の市場をリードしてきたFARO。
FAROの製品って、聞いたことはあるけれど「接触型」の「測定器」じゃないの?
と、思われる方もいらっしゃいますが、設計・開発の現場で活躍するリバースエンジニアリング向け製品が
FAROの製品ラインアップには展開されています。


過去に3Dスキャナを検討されたり導入しているお客様でも、
黒物ワーク光沢面を持つワークはスキャンできないでしょ?」
という疑問や課題を解決しきれないまま、3Dスキャナ導入の検討がストップしてしまったり
導入したが「あまり使えていない」というお客様も多いのではないでしょうか?
リバースエンジニアリング業務向けに開発されたFARO製「DesignScanArm」を使用して、これまでの3Dスキャナで苦手とされてきた 「黒物」「光沢」のワークを3Dスキャン・データ化するデモンストレーションを実施致します。

また、実機の実演だけでなく、あらゆる業界での導入事例や、3Dスキャンデータ適用例などをご紹介致します。
現在の業務で3Dスキャナを活用するアイデアやヒントに繋がる「ここでしか聞けない」多種多様な事例をご用意しました。
この機会にぜひご参加ください。

セミナー内容

13:30~15:30

・3Dスキャンベースドモデリングとは
・「Faro Design ScanArm」の実演
・導入事例、データ活用方法のご紹介

見学機種

inspeXio SMX-225CT
FARO
Design ScanArm

開催要項

開催日時 2018年1月18日(木) 13:30~15:30
会場 システムクリエイト 大阪本社 研修センター2F
定員 先着20名様(1社2名様まで)
料金 無料
申込締切 2018年1月17日(水)18:00まで
※ご好評につき、申込の受付は終了致しました。