HOME >BobCAD-CAM旋盤加工モジュールを3月にリリース予定です
年末年始のお知らせ

旋盤加工モジュール 2018年3月リリース予定

旋盤加工モジュール「Lathe」
2Dから素早く3Dモデル化

2018年3月に「BobCAD-CAM」の旋盤加工モジュール「Lathe」をリリース予定です。
今回リリース予定の「Lathe」は、荒取り、仕上げ、溝、ネジ切り、ボーリング、切り落としなどの基本的な加工はもちろん、円形チップ向けツールパスや固定サイクルへの対応、3D描画によるわかりやすいシミュレーションなど、旋盤加工においても様々なメリットをお客様に提供します。
現在「Lathe」のリリースに向けて準備中ですので詳細情報はしばらくお待ちください。

 

「BobCAD-CAM」が選ばれる理由

「BobCAD-CAM」は、加工に必要とされる機能面と利益を生み出す為に必要不可欠なコスト面の両面からユーザーをサポートし、“現場と経営層の双方の満足”を提供する3DCAD/CAMです。

《1》充実機能
加工時間短縮に貢献する高速粗取り加工や、高品位な仕上げに繋がる取り残し加工に加え、 等高線・走査線へのピッチ追加ほか豊富な仕上げアプローチが可能です。
ドリル加工では、穴形状の認識と自動分類後、選択した穴に対して一括加工設定が可能です。 複数の穴を持つモデルに対しても効率的にツールパスを作成できます。
また、同時多軸加工モジュールおよび3軸上位モジュールには、ModuleWorksのエンジンを搭載。
面の法線方向に沿った「フローライン加工」や2本の線の間で徐変する「モーフィング加工」ほか多彩な加工アプローチが可能となります。
その他、材料毎の切削条件を呼び出し可能な材料データベースや、 5つのテンプレートから選択可能な加工指示書など、様々な機能でツールパス作成・実加工工程の効率化をサポートします。
各モジュールには3DCADを標準搭載し、CAD初心者でも簡単にCAD作図が可能な対話式の作図機能(シェイプライブラリ)もご用意しています。

《2》低価格
BobCAD-CAM は、ソフト本体を導入すれば永続的にソフトを利用できる“永久ライセンス形式” でありながら、低コストで導入可能です。 CAD/CAM 導入時にまず課題となるイニシャルコストを大幅に抑えた設備投資を実現します。多彩な仕上げアプローチと高速加工機能を備えた3軸加工モジュール「Mill 3AXIS PRO」は70万円(税抜)、粗取りから仕上げまでの基本的な3軸加工ツールパスを備えた「Mill 3AXIS STANDARD」であればは48万円(税抜)から導入可能です。
また、年間保守費用は不要です。 任意のタイミングで定額でのバージョンアップが可能なので、ランニングコストを排して必要なタイミングで適切な投資が可能です。

BobCAD-CAMの詳細はこちら

ページの先頭へ