HOME >LISA2を10月にリリース予定です
PA12/PA11/軟質素材に対応!SLSタイプの3Dプリンタ「LISA」が2018年10月に発売開始予定です。
幅広い産業で活用されている高機能素材に対応

LISA2では窒素充填に対応。造形チャンバーを窒素で満たした(=酸素が少ない)状態でのレーザ照射が可能になりました。窒素雰囲気でのレーザ照射は、 レーザを安定させるとともに、材料の酸化を防止。材質を保持したまま造形で きるため、耐薬性/耐熱性/耐衝撃性があり、自動車産業など幅広い産業で使用されている「PA11」やFlexaBlackより柔軟さが増したポリウレタンライク素材「FlexaGrey」といった高機能材料に対応。その他、PA6素材にも順次対応を予定しています。 もちろん、LISAでの対応材料PA12smoothとフレキシブル素材の FlexaBlackもLISA2で造形可能です。

メーカー指定の材料以外での造形にも対応

ユーザーがパラメータを自由に設定できるようになったことで、メーカー指定以外の材料で造形が可能になりました。 機能性を持った材料や自社で研究中の材料など、目的に応じて自由にLISA2を使用していただけます。

造形エリアが拡大

LISAと比較してLISA2はZ方向に約100mm造形範囲が拡大*したことにより、 造形体積が約2倍*になりました。大きなモデルの造形はもちろん、サポートなしで複数モデルを造形可能なSLS方式のメリットを更に活用していただけるようになりました。


* 造形材料によって異なります

LISAとは

「LISA」は粉末焼結(SLS)方式のデスクトップサイズ3Dプリンタです。大型で高価格な機種の多いSLS方式3Dプリンタにおいて、省スペース・低価格を実現しました。
環境変化に強い硬質素材(PA12)と軟質素材(ポリウレタンライク)の2種類の材質での出力が可能。
粉末焼結方式による造形では未焼結の粉末がサポート材の役割を果たすので、サポート除去後の仕上げ作業は不要です。

主な仕様 LISA2
造形方式 粉末焼結(SLS)

積層ピッチ

0.075~0.175mm
最少壁厚 0.4mm
推奨造形サイズ Flexa(軟質素材):110×160×250(mm)
PA(硬質素材):90×120×230(mm)
対応材料粒径 15-105μm
積層ピッチ 0.075~0.175(mm)
本体サイズ 690×500×880(mm)
重量 90kg
入力電源 100-130[V]AC, 15A
最大消費電力 1.8kW
使用レーザ IR Laser Diode 5W(λ = 808 [nm]) class1
窒素チャンバー 内蔵
平均窒素消費量 0.15[m3/hour]
データ入力方式 STL, OBJ, 3DS, FBX, DAE, 3MF
付属ソフト Sinterit Studio 2018
付属ソフト対応OS Microsoft Windows
付属品 選択 コンプリートセット 材料増量セット

サンドブラスタ、PA12 Smooth 6㎏

PA12 Smooth 10kg
共通 ふるい機、アクセサリー 一式、ユーザマニュアル
材料 FLEXA BLACK, PA12 SMOOTH, FLEXA GREY, PA11

※仕様およびデザインは改良のため、予告なく変更することがあります

ページの先頭へ