HOME >生産現場のための課題発見・解決資料
生産現場のための課題発見・解決資料

本資料は、生産現場で様々な課題の解決方法をご提案していくシリーズです。

稼働率向上編

Vol.1 課題の見つけ方(入門)

Vol.1 課題の見つけ方(入門)


より効果を得られる改善の実施には的確な課題の発見が不可欠です。

自社の設備稼働状況を把握できれば、稼働率向上に向けた的確な課題を見つけ出すことができます。Vol.1ではIoTを活用した“見える化”による「課題の見つけ方」をご紹介。

“見える化”によって得られる情報 ・情報の使い方(見方)を4つの例とともにご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

設備稼働監視・実績収集システム「Facteye」

設備とパソコンを繋ぐだけで、直接稼働実績を取得できるIoTソフトウェア。稼働状況に加え機械の詳細な情報を、幅広いメーカーの制御装置から取得できます。工程改善やリアルタイムの稼働監視、設備保全と様々な活用が可能です。

詳細はこちら

Vol.2 プログラム作成時間(1)

Vol.2 プログラム作成時間(1)


手打ち・対話式のプログラム作成による機械停止は稼働率低下の要因の一つです。
プログラム作成と機械操作を分業し、プログラムを先行して用意できれば、機械の停止時間削減のほか様々な効果を得られます。しかし、このような分業に不可欠ともいえるCAD/CAMをいち運用していくには、多くの課題があります。
Vol.2では、分業による4つのメリットとCAD/CAM運用に対する4つの課題とともに、「人材育成」と「プログラムの作成時間」に対する課題への解決策をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM」

「MazaCAM」は、対話式でのプログラム作成と変換をパソコン上で行うことができるシステムです。
これまで制御装置上の手打ちや対話式でプログラム作成をされてきた方が簡単にプログラム作成と機械操作を分業していただけます。

詳細はこちら


3Dデータ対応編

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト


3DスキャナやCAEを活用した設計、3Dプリンタや小型切削機の試作内製化の普及など3Dデータを前提に設計・開発を進める流れが拡がっています。生産現場でも3Dデータへ対応することが今まで以上に求められる状況です。3Dデータの加工には3DCAD/CAMが不可欠ですが、2DCAD/CAMと比較すると導入・運用費用が高額になる課題もあります。
本資料では、導入・運用にかかるコストの種類やライセンス形式の違いなど、CAD/CAMコストの基本を解説したうえで、3DCAD/CAM導入・運用時のコスト面に対する4つの課題と、最適なライセンス形式・運用方法をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2 3DCAD/CAMの機能

Vol.2 3DCAD/CAMの機能


3DCAD/CAM導入にあたって、「コストと機能の両立」は大きな課題です。コストばかりを優先すると機能不足に、ハイエンドなソフトを導入したものの自社の加工では使用しない機能が多く過剰な投資になってしまいます。
コストパフォーマンスを最大限に発揮するには、自社の加工内容に沿った機能を持つソフトを導入することが重要です。本資料では、ローエンドソフトの機能充実により「コストと機能の両立」が実現しやすくなった部品加工に焦点をあて、どのような機能が求められるかをご紹介。ソフト選定において、どのような点に着目すればいいのかを「データの受け入れ体制」「加工における機能」の2つの観点から解説します。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

低コスト・機能充実の3DCAD/CAM「BobCAD-CAM」

2軸から同時5軸まで幅広い加工に対応する3DCAD/CAMです。各加工に必要なモジュールを選択して、加工ニーズに応じた構成での導入が可能です。
詳細はこちら

生産性向上編

Vol.1 検査・測定プロセス

Vol.1 検査・測定プロセス


品質への評価が厳しい現状では、生産工程の最後に最終検査を設けるだけでなく、工程ごとに検査を取り入れることが必要です。検査工数を増やすことは生産性の低下に繋がるように思えますが、検査の目的を理解し、工数をかけない工夫をすることで、反対に生産性の向上が可能になります。
本資料では、検査の必要性と目的、検査工程を取り入れた仕組みづくりのメリットをご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 機械加工の工程内検査

Vol.1-1 機械加工の工程内検査


機械加工後の検査方法として最もよく知られている「機上測定」。機械からワークを取り外すことなく測定ができるため、運搬や段取り替えにかかる工数を抑えることができます。プローブタイプのものが代表的ですが、「検査に求めている精度が得られにくい」「ワークによっては検査自体ができない」などのイメージを持たれてしまうことも。
しかし、機上測定はプローブ式だけではありません。様々な手法と特徴を知ることで、自社の状況に合わせた手法を選択することができます。
本資料では、そんな機上測定の2つの手法と特徴をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

3Dデータ活用編

Vol.1 金属3Dプリンタの活用

Vol.1 金属3Dプリンタの活用


設計・開発プロセスの短縮に欠かせないツールとして定着した3Dプリンタ。現在は対応素材の拡大など活躍の場はどんどん広がっています。特に、金属3Dプリンタは、金属製品分野での高付加価値製品の製作や、少量生産品の製造コスト削減…などのメリットにより活用への期待が高まっている技術の一つです。
本資料では、金属3Dプリンタが活用メリットを発揮する場面と、実用に向けた課題を3つの視点からご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2 ものづくり人材の育成

Vol.2 ものづくり人材の育成


働き方改革により「より短い時間でより効率よく」利益を上げることが大切になっています。 こうした状況下で成果を出すためには人材の成長に向けた育成が不可欠ですが、指導担当者にとっては「業務と指導の両立」が大きな負担となります。
本資料では、OJTとOff-JTという2つの教育方法のメリット・デメリットを改めて確認した上で、より効果的な「人材育成の仕組み」を確立させるポイントについて解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
ページの先頭へ