HOME > シンプル主軸研磨
シンプル主軸研磨

シンプル主軸研磨とは


NCフライスやマシニングセンターなどで生じる、上記のような主軸・スピンドルの不具合を
短時間/ 低価格で修理するサービスです。

作業は半日~1日程度で完了、費用もメーカーの半分以下の価格です。
年間200件の修理実績を誇り、また、修理後は研磨前/ 研磨後のデータを比較した
報告書の提出を行いますので、安心してご利用いただけます。

修理前/修理後のテーパー比較

今までの修理法との違い

今までの修理法はヘッドを分解してスピンドルをメーカーに送り修理していました。
ヘッドを修理している期間はマシンが止まるため生産性が落ち、費用も高額です。

シンプル主軸研磨はスタッフが直接お客様のところへまでお伺いし、
修理対象の工作機械のテーブル上もしくはパレット上に研磨機を設置、
工作機械の主軸テーパ角度に合わせて砥石を使い、テーパ部を研磨します。
主軸部分を解体せず、研磨作業を実施するので、機械の停止時間とコストを最小限に抑えます。

シンプル主軸研磨とメーカー修理の差異
お客様の声

立型マシニングセンターの長期間使用によりテーパー口元が開いたので、シンプル主軸研磨をお願いしたところ
160μだった振れが5μ以下になりました。
メーカーに修理をお願いすると修理が終わるまで1~2週間、価格は200万円もかかってしまいますが
シンプル主軸研磨だと作業時間は1日、費用は約20万円で済んだので、とても助かりました。

※上記内容はあくまで一例であり、価格や納期をお約束するものではありません。

作業条件

研磨機の設置について

フォークリフト、クレーン(ウィング型トラックで届く1100×1250×850mm、700kgの箱を降ろし、
250kgの研磨機本体を、中から吊って出せる状態)
■※工作機械オペレータ1名のご協力をお願い致します。

事前準備のご協力について

機上に冶具やバイスの設置がある場合は、事前に降ろして、
機械テーブルに研磨機が載せられる状態にご協力をお願いいたします。

※玉掛け、クレーン、フォークリフト作業はお客様にてお願いいたします。

対応機種一覧

修正可能な機種

NCフライス、マシニングセンター、五面加工機、横中ぐり盤、ターニングセンター
■ 通常仕様   NT50、NT40(ナショナルテーパー)BT50、BT40、MT5、MT4(モールステーパー)
■ 面拘束仕様  BBT50、BBT40(Big Plus)

要相談な機械

ボール盤、フロア型の工作機械、製造ラインの工作機械(専用機)、BT30テーパーの工作機械
■ 二面拘束仕様 KM6350、KM10080(ケナメタル社仕様)、HSK A100、HSK A63、HSK A40

サービス対象外

旋盤、複合旋盤、セラミック製主軸を持つ工作機械

お問合せはこちら

ページの先頭へ