HOME >Solutionix新モデルラインアップのお知らせ

自動スキャンが好評のREXCANシリーズがリニューアル

Solutinoix C500(旧.REXCAN CS2+)

小型~中型ワーク向けに最適な3Dスキャナ。
3Dスキャナ本体と自動回転テーブルの座標同期により、わずかな手順で自動スキャンが完了します。
連動するテーブルは、自動回転だけでなく、チルト(±40°)の設定が可能。
付属ソフトウェアの制御により、スキャン動作を止めることなく自動でテーブルが傾き、回転とスキャンを繰り返します。
さらに、テーブル天面の回転だけでなく、テーブル土台自体が回転する事により、これまで複数回のワーク置き換えが必要だった工程も削減。トータルのスキャニング時間を短縮しました。
本モデルからカラー情報の取得にも対応し、VR技術や3DCG業界への活用も有用性が高まりました。
REXCAN C500のお問合せはこちら(旧製品ページ)

Solutinoix D500/D700(旧.REXCAN DS3)

小型ワーク向けに最適な3Dスキャナ。
C500同様にワークセットからスキャン完了まで自動スキャンが可能です。
スキャン対象を小型ワークに絞り製品自体をコンパクトに設計し、さらに低コストなモデルとして登場しました。
こちらはテーブル天面とチルト設定が可能。軽量化されたテーブル軸の軽快な動作で高速スキャンが可能です。
シリーズ最高解像度を誇るD700は、複雑なエッジ部分なども表現できるようになりました。
こちらのシリーズもカラー情報の取得に対応しています。
REXCAN D500/D700のお問合せはこちら(旧製品ページ)

カタログ先行受付フォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ページの先頭へ