『peel』シリーズ

コストパフォーマンスに優れたハンディ3Dスキャナ

『peel』シリーズ概要

『peel』シリーズは、誰でも手軽に使用できる、コストパフォーマンスの高い3Dスキャナです。本体価格を抑えながらも、従来機から引き継がれたスキャン性能や、幅広い対応ワークサイズ、データの活用をサポートする付属ソフトウェアなど、本格的な機能を備えています。
軽量で扱いやすいハンディタイプの本体は持ち運んで使用できるため、製造・開発現場や研究室など様々な環境でのスキャンが可能。移動が困難なワーク(大型・重量・破損しやすいものなど)も現場でスキャンすることができます。
また、3Dスキャナ本体にリバースエンジニアリング用のデータ編集・変換ソフトが付属しているモデルもご用意し、CADソフトウェアでの設計や3Dプリントに素早くスキャンデータを使用していただくことが可能です。
“手軽さ”を追求した『peel』シリーズで、3Dデータを活用した設計や製品開発がより身近なものになります。

多様なニーズに合わせてモデルを選べる

peel 1/peel 2/peel 2 CADの特徴

『peel』シリーズは、お客様のニーズや運用環境に合わせてモデルを選択していただくことができます。
『peel 2 CAD』では、3Dスキャナとデータ変換・編集ソフトがセットになっているため、取得したスキャンデータを素早く設計用データに変換することができ、お持ちのCADソフトウェアでスムーズに使用することができます。
そのほか、イニシャルコストを抑えられる『peel 1』や、より高い解像度でのスキャンやカラー情報の取得に対応した『peel 2』を単体で導入していただくことも可能。お持ちのリバースエンジニアリング用ソフトウェアと組み合わせて使用することができ、お客様の運用環境に適したモデルを選択していただくことができます。

CADと組み合わせて製品開発・設計に活用

取得したデータは、お持ちのCADや各種ソフトウェアと組み合わせて使用していただくことで、製品開発や設計などに活用していただけます。
例えば、既存製品をもとにした複製や、新たな製品の開発・設計など、幅広い場面で3Dデータを活用することができます。

スキャンからの活用イメージ