HOME > 加工支援・生産支援アイテム >パラフィン冶具
パラフィン冶具

反転治具作成にかかるコストを大幅削減!

「冶具作成にはノウハウや費用が必要で手間がかかる…」
「反転冶具で石膏を使用すると、加工時に粉塵が舞い機械故障の原因につながる…」
「エポキシ系パテでは、刃物の負担が大きく除去にも時間がかかる…」 など
活用フロー 冶具作成には様々な問題が発生します…

パラフィン冶具なら、熱で溶かしてワークに流し込むだけで
簡単に反転冶具を作成でき、作成にかかるコストを大幅に
短縮させることができます。
また、石膏やエポキシ系パテなどに比べ、機械や刃物への
負担が少ないのも特徴です。

選べる2タイプ

 油性タイプ 

パラフィンは熱で融解・液化し、凝固点に達すると、固化します。 液体であるので、
奥まった箇所にもパラフィンを流し込むことで冶具を作成することができます。
また、簡易的な反転冶具で使用される他材質(石膏/エポキシ系パテなど)に比べ、
加工時の粉塵による機械への影響や刃物への負担も軽減されます。

 水溶性タイプ 

使用方法は油性タイプと同様ですが、パラフィン除去に溶剤の必要がありません。
加工後はワークを水もしくは温水で流すか、浸け置きにしておくだけなので後処理が
とても簡単です。

使用例

使用例

特性表

         
物性 油性 水溶性
形状 粒状(3mm~5mm) フレーク状
着色 不可 可(食紅/パステル/顔料)
融点 50℃~57℃
56℃
凝固点 50℃~57℃
56℃
水に対する溶解性 不溶
可溶
除去方法 直接取り外しもしくは溶剤 ※1
水もしくは温水
販売サイズ 20kg
20kg/1kg ※2
※1 溶剤を使用する場合は、換気ができる環境でご使用下さい。
※2  1kgは初回ご購入の場合に限ります。

オンラインストアで購入

Yahooストア  

お客様の声(水溶性タイプ)

反転冶具に活用で劇的効果
大阪府 J社様
事例

反転冶具にはエポキシ系パテを利用していました。
エポキシ系パテは刃物の傷みが激しいうえに高額で、除去作業には大変な
時間と労力をかけていました。
水溶性タイプを利用した反転冶具の除去作業は水の中に放置しているだけ。
手間がかからないのでその間は他の作業を行なうことにより、全体の作業
効率が劇的に向上しました。
ABSへの保持力も強いため微細部品の加工時も冶具から外れてやりな
おし…ということもなくなりました。

後処理の手間が激減
東京都 A社様

後処理の時間がとても短縮され、溶剤や灯油購入のコストを削減することもできました。

リブの付け根や隅でも簡単
大阪府 M社様

今まではパテを利用して反転加工を行なっていましたが、細いリブの付け根や隅に付着したパテを除去
するのに相当な時間と慎重な作業を要しましたが、その手間が完全に解消されました。

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。