みたれぽ

「みたれぽ」は、“こんなコトやってみた!”をコンセプトに、様々な製品を使用して、どんなことができるかをご紹介していくシリーズです。
システムクリエイトが取り扱う幅広い製品ジャンルの中から、技術担当者のコメントや実際の写真・画像とともに毎回ちょっとしたお役立ち情報をお届けします。

  • みたれぽ
    Vol.1 低価格帯ツールで“ルアー風のもの”を作ってみた!
    Vol.1 低価格帯ツールで“ルアー風のもの”を作ってみた!

    Vol.1では、低価格帯の3Dスキャナとモデリングソフトの組み合わせをご紹介。紙粘土で作成した“ルアー風のもの”を3Dスキャンし、そのデータをもとにモデリングをしてみました。搭載している機能をご紹介しながら、3Dスキャンモデリングを行う際に気になる「低価格帯ツールでどこまでできるのか」について解説しています。

    【紹介製品】
    ■卓上3Dスキャナ「Polyga Compact S1」
    詳細はこちら
    ■モデリングソフト「QUICKSURFACE」
    詳細はこちら

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.2 大容量データの読み込み時間を比べてみた!
    Vol.2 大容量データの読み込み時間を比べてみた!

    Vol.2では、3つの3Dビューワを使用し、大容量データの読み込みにかかる時間を比べてみました。“超高速”でデータを開くことができるという「3DViewStation」と、そのほか2種のビューワを用意し、597MBのアセンブリファイル(CADネイティブデータ)の読み込み時間をランキング形式でご紹介。“大容量データを扱う上で気になるポイント”を、実際の経過の様子とともに解説いたします。

    【紹介製品】
    ■高機能3Dビューワ「3DViewStation」
    詳細はこちら

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.3 微細ディテールの表現力を
    試してみた!
    Vol.3 微細ディテールの表現力を試してみた!

    Vol.3では、微細なディテールを再現できるというForm3の専用樹脂「モデルレジン」が、どれほど綺麗に造形できるのか、その表現力を試してみました。3Dプリントモデル製作で重要な、ディテールの再現性・仕上げ処理の作業性などを、同じ条件で造形した「スタンダードレジン」の例を交えながら検証しています。“より完成度の高い造形サンプル製作を行う上で気になるポイント”など、実際の作業画像とともに解説いたします。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Form 3」
    詳細はこちら

    資料ダウンロードはこちら