全体最適を考える

国内製造業は人手不足を背景にロボット導入による自動化が加速しているようです。 ところが加工現場以外の部門は自動化が進んでいないのが現状ではないでしょうか? 金融機関や保険会社では、伝票作成・請求書発行などの事務作業を自動

人材採用力をデジタルファブで高める!

人材採用に苦労している…との声が多く聞かれます。 人口減少、少子高齢化が進む環境においては一時的なことではなく、始まりと言えるかもしれません。 そうした現実の中で、自社のビジョンや強みをどのように採用戦略へ落とし込んでい

オフィスでもロボットと共存

日本の労働生産性は、米国やドイツなどと比べて低く、OECD加盟国中20位、主要先進7カ国中最下位という現状が何年も続いています。 しかし製造業の生産性だけを見ると先進7カ国中3位。 つまり、製造部門の生産性は高く、オフィ

体験からの経済効果

平昌オリンピックが終了し、日本代表はメダル数・入賞者数も含めて過去最高の好成績でしたね。 メダルに届かなかった選手達も含めてプレッシャーの中で素晴らしいプレイをされており感動の連続でした。 また、極寒の中でも多くの外国人

努力で高める才能と可能性

『フォーブス』(Forbes:世界有数の経済誌)の日本版の3月号に 100人の名言「私がビジネスで学んだこと」が紹介されています。 一部を紹介すると マイクロソフト創業のビル・ケイツ氏 「イノベーションの力を信じ革命的な

チェンジ!

セブンイレブンがシェア自転車、ファミリーマートがコインランドリーと複合的サービス化を進めています。 国内市場は多くの業界で成長が頭打ちになっており、既に縮小が表面化している業界も多くなっています。 メガバンクも遂にAIロ

産学連携への想い

news.yoshimoto.co.jp/2016/12/entry63584.php 近畿大学と吉本興業が包括連携協定を締結!大阪らしい「おもろい」研究や教育、情報発信を展開! 完全養殖マグロで有名な近畿大学が従来の産

ドイツ国際金属加工見本市(EMO2017)とスペイン視察旅行での学び

日本では工作機械各社がIoTへの対応強化を積極的に推進している中、 インダストリー4.0を推進しているドイツでは、どのような提案をしているのか大いに興味をもって参加しました。 実際はDMG MORI以外では強い押しは感じ

外食産業の省力化投資

「人手不足に悩む外食企業が省力化投資を進め接客や調理作業を効率化する」 この手のニュースが非常に多くなっています。 外食への生産性といえば、真っ先に思い浮かぶのは回転寿司ですが 回転寿司の始まりはなんと1958年だそうで